掌蹠膿疱症Q&A
2018.09.03

掌蹠膿疱症とは?症状や原因に関するQ&A

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は、あまり聞き慣れない病名です。難しい漢字ばかりで重々しいイメージがあり、ちょっと怖そうですが、実際はどのような病気なのでしょうか? ここでは掌蹠膿疱症の症状や原因などを中心とした基礎的な知識を、さらっと読めるQ&A形式でまとめました。

監修医師

監修 掌蹠膿疱症お悩みホットライン編集部

掌蹠膿疱症Q&A

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の症状や原因に関するQ&A

 

Q1.どんな症状が出ますか?

掌蹠膿疱症のメインの症状は、「掌」(手のひら)や「蹠」(足の裏)に無菌性の膿疱(膿がたまった白~黄色の水疱)ができることです。皮膚が赤くなり、角質が異常に蓄積して、かさぶたのように剥がれたりもします。人によっては足の甲、膝、下腿、おしり、肘などにも皮膚症状が現れることもあります。また、前胸部などに骨関節炎による痛みが起こる人もいます。

⇒詳しくは『こんな症状があったら掌蹠膿疱症かも』『掌蹠膿疱症で起こる症状を写真を使って解説』をご覧ください。

 

Q2.治りますか?

掌蹠膿疱症は良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。だんだん自然に症状が軽くなっていくことが知られており、平均3~7年で治るとされています。しかし、個人差があるので、時間が経てば全員治るというわけではありませんし、皮膚症状が落ち着いても関節炎だけ残ってしまうというようなケースもあります。

⇒詳しくは『こんな症状があったら掌蹠膿疱症かも』をご覧ください。

 

Q3.患者数はどのくらいいますか?

2010年4月から2011年3月の1年間で掌蹠膿疱症と診断されたのは、日本全国で約13万6000人でした。女性の方が多く、50代~60代に多いことがわかっています。

⇒詳しくは『こんな症状があったら掌蹠膿疱症かも』をご覧ください。

 

Q4.どの病院に行けばいいですか?

掌蹠膿疱症かもしれないと思ったら、まずはお近くの皮膚科クリニックか病院の皮膚科を受診してください。これは皮膚科医にはよく知られている病気ですので、どの医療機関でも対応してくれるはずです。

⇒詳しくは『こんな症状があったら掌蹠膿疱症かも』をご覧ください。

 

Q5.原因(悪化因子)はなんですか?

掌蹠膿疱症は主に手足に症状が出る病気ですが、その原因もしくは悪化する要因は意外にも「口の中」にあることがあります。具体的には、歯周組織や扁桃腺における細菌の慢性的な感染が、掌蹠膿疱症を引き起こすきっかけになります。また、歯の詰め物に含まれる金属のアレルギーが原因になることもあります。

⇒詳しくは『掌蹠膿疱症の原因が皮膚じゃないって本当!?』をご覧ください。

 

Q6.感染症が関係するそうですが、うつりますか?

掌蹠膿疱症で手足にできる膿疱の中には、細菌はいません。ですから、膿疱の中身が他の人に付着したとしても、そこから掌蹠膿疱症がうつることはありません。また、掌蹠膿疱症の原因(悪化因子)として歯周病や扁桃腺での慢性的な細菌感染が知られていますが、仮にこれらがうつったとしても、掌蹠膿疱症の直接的な原因にはなりません。

⇒詳しくは『掌蹠膿疱症の原因が皮膚じゃないって本当!?』をご覧ください。

 

Q7.金属は関係ありますか?

金属アレルギーも掌蹠膿疱症の原因(悪化因子)の一つとして知られています。虫歯の治療などで使った歯の詰め物の中に含まれている金属(歯科金属)が原因になっていることが多いです。

⇒詳しくは『掌蹠膿疱症になぜ金属アレルギーが関係するの?』をご覧ください。

 

Q8.タバコは関係ありますか?

掌蹠膿疱症の患者の85%以上が喫煙者であるといわれており、禁煙すると症状が改善することも知られています。このように、掌蹠膿疱症とタバコの間にはハッキリとした関連性があります。掌蹠膿疱症の患者に禁煙は必須といってもいいでしょう。

⇒詳しくは『喫煙者が掌蹠膿疱症になりやすいってホント?』をご覧ください。

 

Q9.どうして手足に出るのですか?

手のひらや足の裏に特に多く分布する「エクリン汗腺」が関係していることが、最近の研究で明らかになってきました。エクリン汗腺は暑いときや興奮したときなどに汗を出す器官です。掌蹠膿疱症でできる膿疱の中に、このエクリン汗腺が作り出す物質が含まれていることが示されています。

⇒詳しくは『最近わかってきた掌蹠膿疱症の病態メカニズム』をご覧ください。

 

Q10.似ている別の病気はありますか?

掌蹠膿疱症に似ている皮膚の病気は色々あります。例えば、足にできる白癬(水虫)のタイプによっては掌蹠膿疱症とよく似た症状が現れます。他にも汗疱(異汗性湿疹)や湿疹・皮膚炎など、紛らわしい病気がいくつもあります。自己判断はできないので、皮膚科医に診てもらいましょう。

⇒詳しくは『掌蹠膿疱症に似ているけれど違う病気は?』をご覧ください。

※掌蹠膿疱症の治療については『掌蹠膿疱症の治療に関するQ&A』をご覧ください。治療に関する10つの質問を取り上げています。

「掌蹠膿疱症Q&A」の関連情報