掌蹠膿疱症を学ぶ
2018.09.03

こんな症状があったら掌蹠膿疱症かも

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)という皮膚病をご存知ですか? 手のひら(掌)や足の裏(蹠)に膿の入った水ぶくれ(膿疱)がたくさんできる病気です。ここでは、掌蹠膿疱症でよく起こる典型的な症状、どんな人がなりやすいのか、どのくらいで治るのか、そして掌蹠膿疱症かもしれないと思ったときにすべきことについて解説します。

掌蹠膿疱症に悩む人

掌蹠膿疱症ではどんな症状が出るの?

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は、その病名が症状を表しています。すなわち、「掌」(手のひら)や「蹠」(足の裏)に「膿疱」(膿がたまった白~黄色の水疱)ができます。

掌蹠膿疱症の「症」にもきちんとした意味があります。膿疱は2種類に分けられており、膿疱の中に細菌やウイルスがいる感染性膿疱と、これらがいない無菌性膿疱があります。掌蹠膿疱症でできる膿疱は細菌やウイルスがいない無菌性膿疱であり、そういう場合は「膿疱症」という用語を使うことになっています[1]。

つまり、掌蹠膿疱症とは「手のひらや足の裏に無菌性の膿疱ができる病気」ということになります。なお、掌蹠膿疱症そのものが他の人にうつることはありません。

掌蹠膿疱症で起こる皮膚の症状

掌蹠膿疱症の足の写真

        (写真:米田明弘氏 提供)

掌蹠膿疱症のよくある症状としては、まず手のひらや足の裏にかゆみを感じ、2~3日すると1mm程度の小さな膿疱ができてくるというものです。膿疱は白~黄色で、群がり集まっているように見えます。また、皮膚が赤くなり(紅斑)、角質の異常蓄積(鱗屑)や、角質がかさぶたのように剥がれる状態(痂皮)も混在するようになります。

患者によっては、手のひらや足の裏の皮膚症状だけでなく、足の甲、膝、下腿、おしり、肘などに症状が現れることもあります。こちらにも膿疱が出ることもあれば、皮膚が茶褐色になり、薄く剥がれやすくなっているような状態(落屑)になることもあります[2]。

掌蹠膿疱症に合併する病気

掌蹠膿疱症では、骨関節や血管、腎臓の病気を合併することがあります。掌蹠膿疱症は皮膚の病気なのに、骨や内臓の合併症を起こすのは意外に思われるかもしれません。実は、掌蹠膿疱症の原因とこれらの病気の原因が同じものであるケースがあります。この場合は、共通する原因を取り除けば、掌蹠膿疱症と合併症のどちらも良くなることがあります。

※症状や合併症について詳しくは『掌蹠膿疱症で起こる症状を写真を使って解説』をご覧ください。

掌蹠膿疱症の患者さんはどのくらいいるの?

掌蹠膿疱症は人種差がある病気で、日本人やスウェーデン人に多いといわれています[2]。日本には、掌蹠膿疱症をわずらっている人が約13万6千人いるという統計があります(有病率は0.12%)[3]。

掌蹠膿疱症の患者数のグラフ

図を見ていただくと、50代~60代の患者が多いことがわかります(平均年齢は55.5歳)。また、男性よりも女性に多く、患者のおよそ3分の2は女性です。季節別にみると、冬よりも夏の方が患者数は多いです[3]。

このように、掌蹠膿疱症は50代以上の女性がなりやすい病気です。また、家族内で発症することもあり、兄弟で掌蹠膿疱症というケースや、親が乾癬で子が掌蹠膿疱症というケースがあります(乾癬は掌蹠膿疱症とよく似た病気です)[2]。

掌蹠膿疱症はどのくらいで治るの?

掌蹠膿疱症は良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。

通常、手は3~6か月、足は6か月~1年程度で略治(再発の可能性はあるがいったん症状が落ち着くこと)の状態になるといわれています[4]。ただし、やれる限りの手を尽くして皮膚症状は治すことができたけれど関節症状が残ってしまった例や、いったんは症状が落ち着いた(寛解した)けれども数年後に再発してしまった例などもあり、なかなか治りにくい場合もあります[2]。

また、掌蹠膿疱症は年齢を経るごとに自然に軽快していくことが知られ、平均3~7年で治るとされています[5]。しかし、年を取れば全員治るということではなく、80代になっても症状が出ている患者もいるので、個人差があります[2]。

掌蹠膿疱症かもしれない場合はどうしたらいい?

掌蹠膿疱症かもしれないと思ったら、まずはお近くの皮膚科クリニックか病院の皮膚科を受診してください。掌蹠膿疱症は一般的には聞き慣れない病名ですが、皮膚科医にはよく知られている病気ですので、どの医療機関でも対応してくれるはずです。

皮膚科を受診したら、手のひらや足の裏だけでなく、他にも気になる症状があれば医師に伝えるようにしてください。前述した通り、人によっては足の甲、膝、下腿、おしり、肘など他の部位に症状が出ることがありますし、骨関節や血管、腎臓に合併症が起こることもあります。この場合は胸痛や腰痛、関節痛や紫斑、蛋白尿など皮膚以外での症状も起こります。皮膚科だからと遠慮する必要はありませんので、気になる症状はすべて話すようにしてください。そうするとより早く、正確な診断にたどり着くことができます。

参考文献

  1. [1]照井正. 皮膚科症候学. 標準皮膚科学. 第10版. 医学書院 2013; 42-52
  2. [2]山本俊幸. 掌蹠膿疱症の臨床:掌蹠および掌蹠外の皮疹, Visual Dermatology 2012; 11(10): 1018-1021
  3. [3]Kubota K et al.Epidemiology of psoriasis and palmoplantar pustulosis: a nationwide study using the Japanese national claims database.BMJ Open 2015; 14;5(1):e006450
  4. [4]山本俊幸. 掌蹠膿疱症の臨床, Modern Physician 2015; 35(4): 552
  5. [5]日本皮膚科学会. Q7この病気は一生治らないのですか? 皮膚科Q&A
  6. https://www.dermatol.or.jp/qa/qa27/qa07.html (参照2018-07-05)

「掌蹠膿疱症を学ぶ」の関連情報